ちゅるりんぐ

Forever, Living in your heart.

さくらガール

新曲が2月に出ることになった。シゲが出るドラマのエンディングテーマ。最近ほんとにシゲのドラマとタイアップの曲が多くて、シゲ担から見れば嬉しい限りだ。その新曲のの初回盤Bには、『さくらガール』と『I・ZA・NA・I・ZU・KI』を、4人で録り直したものが収録されるみたい。何か辛いことがあった時とか、NEWSの過去のことを思い出して聞きたくなる曲は、Shareと愛言葉と、このに曲だった。だからとても嬉しかった。けど、自分はさくらガールだけは6人時代より前の曲で唯一6人が歌っているのを映像として覚えている曲で、思い入れがあったから、素直に喜べなかった。

NEWSを好きになったきっかけは、シゲだ。失恋ショコラティエのシゲだ。聞き心地のいい落ち着く声とかっこいい容姿。まさに完璧だと思った。一目惚れだったと思う。だけど、その時は嵐担だったからNEWSまで深く知ろうと思わなかった。NEWSはほとんど知らない。

友達とカラオケに行くことがあって、いつも嵐ばっかで申し訳ないから、その日は出発前に家で何か少しでも歌える歌を探した。あぁ、サビだけなら歌えるかもしれない歌あった。何年も前に見た、誰かの歌で『さくらガール』という曲を知ってる。1回しか見たことも聞いたこともないけど、サビくらいなら。そう思って、動画を探した。歌ってた人は5・6人いて、1人はダボダボのズボンだったなあ。覚えていることはそれくらいだったけど、動画を探して出てきたのは2人だった。テゴマスって書いてある。うん、聞いたことはある。きっと同じ曲だから聞いてみよう。聞いてみた。違った。いや、同じだった。でも、違うんだ。前に聞いた時は失恋の歌ではあるけれど明るくてメロディーだけなら楽しい歌だった。けど、今自分が聞いたのは、ほんとに誰かとの別れを感じ取れるほど辛い悲しい声、歌詞、メロディー。同じ曲でもこんなに違うのだとびっくりした。その後すぐにいろいろ調べて、もともとはNEWSの歌だってわかった。NEWSの中に、テゴマスというユニットがいる。へぇ、NEWS。ああ、チャンカパーナか。あれ、4人だよ、でも。
時間になったので調べるのは中断してカラオケに行った。さくらガールを入れた。くしくも、本人映像だった。やっぱり6人いた。あ!山Pじゃん!あれ、錦戸じゃない?キャスターとテゴマスと加藤くんもいるじゃん!その映像を見てすべてがつながった。自分が以前見たのはまだ六人時代のNEWS。今は二人抜けて、4人のNEWS。帰ってからもっと調べると、テゴマスがさくらガールを歌ったのは、二人が抜けたあとすぐ。だからだ。もともとは失恋の歌だったけどしてください二人が抜けたあとに歌うさくらガールは残された4人の、2人への想いのすべてだったんだと。
もともとNEWS=チャンカパーナで認識していて、そこに加藤くん(作家)、キャスター、テゴマスがいること。もともと9人いたメンバーがだんだん減っていって、4人になったこと。色んなことをわかってきた。そこからはNEWSの虜だった。だから、NEWSを好きになったきっかけは、さくらガールだった。さくらガールを知って、気になって、シゲがいるのを知って、さらに好きになった。でも、好きになったのが遅すぎて、ずっと大好きだったあの6人のさくらガールは、もう二度と見れないことを同時に知って。夢中になれるものが見つかってすごく嬉しくて、すごくワクワクしてるのに、すごく辛かった。でも、どんなことがあったグループでも、メンバーが多かった時代があったことは忘れられるわけじゃないし、何があっても受け入れられる覚悟ができちゃっていた。だから、NEWSファンになった。

さくらガールには自分の思いもあるけど、メンバーだって思い出してしまうものがあるのかもしれない。4人で録ってて泣いちゃわないかなぁ。すごく心配だ。でも、魂でだって何回も歌ってるし、最近のNEWSは本当に強くなったと思うかきっとそんな心配はいらないんだとおもう。とにかく!人数が減ってもNEWSはいつの時代もNEWSらしくいてくれるから、大好きだよー((関係ねえ←

Twitter

Twitter