ちゅるりんぐ

Forever, Living in your heart.

NEWS

今日は、NEWSのデビュー13周年の日∠。・:*✩おめでとう。

この大切な日に、NEWSというグループについて語ろう。

 

NEWS

てごしゆう

   こやけいいちろう

    にきどりょう

  ますだかひさ

    かうしげあき

     もりうちたかひろ

   うちろき

    くのひろのり

 

13年前にデビューした時は今の倍以上のメンバーがいたね。

当時のJr.の各グループから引きぬかれたりして、集められた9人。

Jr.の超エリートだった山Pや、関ジュの亮ちゃんや内くん。事務所に入ったばかりだったテゴ、Jr.の中堅的存在だった人たちもたくさん。嵐のようにハワイでデビューとは行かなかったけど、衣装は白くて華やかで、ほんとに王子様。きらきらキラキラしてた。バレボ組としてのデビューだから、デビューさえすれば一気に知名度も上がる。順風満帆のはずだった……。

けど、だんだんと減っていくメンバー。いつのまにか6人だったね。

それでも活動休止を乗り越えて星をめざして走った裸足のシンデレラボーイたち。

段々と活動も他のグループと同じようにできるようになって、山Pや亮ちゃん、テゴマス。個々の活動で更に知名度は上がった。ドームでコンサートもして、たくさんシングルを出して、ツアーもやって、だんだんみんな仲良くなってきて。やっと星をつかめた。この星をいつまでもみんなで見たい。絶対に見れるって信じてたんだ。けど、現実は上手くいかないことだらけで。

デビュー当時、山Pのためのグループとさえも言われていたNEWS。その主要メンバー、山Pと亮ちゃんが脱退。ソロ活動への専念と、関ジャニ∞一本勝負。もう減らない。ずっといっしょだって思ってただけに、その別れは辛すぎて。さくらガールのように手に届かなくて、さくらみたいに儚く散った。主要メンバーがいなくなって残されたメンバーは“具のないおでん”“いちごのないショートケーキ”抜けた2人よりも知名度も人気もなかった4人。脱退発表後、暫く活動のないNEWSは解散説もでてどん底。

でも、残された4人は今までの他のメンバーよりもきっと、ファンよりも誰よりもNEWSが大好きだった。だからまた立ち上がったんだ。自分たちの意志をチャンカパーナに、想いをフルスイングに込めて。

 

NEWS LIVE TOUR 2012〜美しい恋にするよ〜

4人になって初めてのツアーでは、今まで出来ていたドームでのコンサートができなかった。それでも、別れと再会。2つの想いを持って挑んだコンサートはとても感動的。

 

NEWS LIVE TOUR 2013〜NEWS MAKES ME HAPPY!MAKES THE WORLD HAPPIER!〜

4人になって2回目。10周年のイベントでは念願のドーム。長いようで短かった10年を振り返る。辛くても、ファンとNEWS。お互いがいたからこそやってこれたと実感した。

 

2014年はツアーがなくて。でも、会えない時間が愛を育ててたよね。

 

NEWS LIVE TOUR 2015 White

NEWSのデビュー当時からのイメージカラー白をタイトルにしたアルバムを引っさげてのツアー。ドーム公演も続いてて、今のNEWSにできる、NEWSらしいコンサート。

 

NEWS LIVE TOUR 2016 QUARTETTO

前回のツアーからの1年間、特徴的なシングルが多かった。それをひとつのアルバムにまとめた、そして、4という数字にこだわり、4人の歌で勝負したコンサート。

 

デビュー当時他のメンバーの後ろにいた4人が。具のないおでんだった4人が。残された4人が、残されたのではなく、選ばれた4人だと自分たちで証明した。たくさんの試練を乗り越えて、今のNEWSは、これだ。これがNEWSだって。そう示している。

 

 

いつも自由でポジティブ。チャラチャラしてるように見えて、努力を忘れない、テゴ。20年以上続けてきたサッカーを仕事にしてる。夢だったこと関わる仕事をしてる。やっぱたくさんの努力が実ったんだろう。そして、テゴのファンに対する愛情はほんとに大きい。

自由なテゴの最強の相方、まっすー。まっすーもファッションが好きで、それをグループに貢献している。最近は他のグループの衣装も担当してて、すごいんだ。アイドル以外のことをしてたり個性豊かなNEWSの中で、唯一Theアイドルでいてくれてる。デレデレはしないけど、実はメンバーのことをよく知っていて、きっと、NEWSの縁の下の力持ちはまっすーだ。

メンバーが大好きで、NEWSが大好きな慶ちゃん。いい人で優しくて怒ることなんてつむじを押された時くらい←しっかりものだけど、誰よりも天然で、最年長とは思えない。それでも、いつも自由なメンバーたちを後ろから見守っている我らがリーダー。

そんなリーダーを心から支えている、最高のシンメ、シゲ。6人の時は後ろでもいいやって思っていたのに、4人になってからは、俺が俺がって、前に出てきた。4人になって一番変わったのはシゲだと思う。その象徴が小説だ。最近のNEWSの活動は、シゲが連れてくることが多くなった。きっと、それが本来のシゲの力だと思う。

 

4人になって個々の活動が多くて、グループの活動は少なかった。でも、それぞれのメンバーが、それぞれの場所で個々の力を磨いた4人が集まったNEWSが奏でるメロディーは、ほんとに綺麗で、元メンバーへの想いと、これからの希望をもっていて、ほんとに儚くて美しいQUARTETTOなんだ。

 

News caster→小山慶一郎

Entertainer→手越祐也

Writer→加藤シゲアキ

Stylist→増田貴久

 

今のNEWSのいいところは、言ったらきりが無いけど、これだけは言いたい。

NEWSのいいところ。

今までのもっと人数が多かった時代のことを決して忘れず、

逆にその時代を越えようと、バネにしているところ。

これって大変なことだけど、とても重要なことなんだと思う。

今のNEWSが、4人が過去の悔しさを忘れず、それに立ち向かおうとしているなら、

NEWSはいつまでもいつまでも、NEWSでいると思う。

 

 

to north to east go west go south×2

1.2.3.4.5.6.7 It's Big NEWS

僕らがつくる 凄いニュース 君に届けよう!

気分は最高! 胸の鼓動 君に伝えたい!

今すぐ(We Make a Big NEWS Feel All Right)

ありの(to north)ままの(to east)僕らのニュース

君に(go west)届け(go south)夢の瞬間

空高く掲げ 指ひろげつくる ピースのサイン 僕らの勝利 映しだせ

              ―ピースのサイン(NEWSニッポン原曲)―